准看護師求人のお仕事は?

准看護師求人のお仕事は?



正看の免許を取得して、新卒で病院に勤務してから、学校では教わらなかったことをたくさん経験していくことになります。中でも、正看と準看の仕事の違いについては、現場で働いてから目の当たりにして驚く人もいるようです。

これは一体どういうことなのでしょうか。もう少々詳しく見ていくことにしましょう。そもそも、正看と準看の仕事の違いは何なのでしょうか。保健師助産師看護師法と呼ばれる法律では、明確に分けられていますが、実際の現場では仕事の内容に差はありません。

つまり、正看も準看も同じ仕事をしているのが現状なのです。基本的には、準看は正看の下で働くことになっており、自己判断で看護に当たることができないとされています。しかし、それじゃなくても、今の日本では看護師が不足しているわけですから、多くの病院では準看も自ら判断しながら、率先して看護の仕事をこなしているというのが現状です。

では、結局、看護師を目指すなら、正看ではなく準看で十分なのかというと、必ずしもそうとはいえません。なぜなら、今後キャリアを積んで出世したいと考えているなら、正看である必要があるからです。現状では、準看は正看のように出世することができず、もしもキャリアを積んで出世していきたいのであれば、正看の試験に合格する必要があるのです。

このような背景を受け、かなり前から準看を無くす動きが出てきましたが、人件費を安く済ませるために、準看ばかりを抱えた病院が多く存在するため、医療機関が減少する危険を回避するためにも、正看と準看に分かれたままとなっています。

いずれ、準看がなくなる可能性はありますが、まだしばらくはこの状態が続くと言えるでしょう。 結局のところ、正看も準看も仕事の内容に違いはないとはいえ、将来看護師としてどうなっていきたいかによって、取得する資格が変わってくるといえそうです。

尚、正看と准看護師求人は同じ仕事をしているにもかかわらず、正看の方が待遇も給料も恵まれています。今後看護師を目指すのであれば、そういった違いも考慮した上で、資格の取得を考えた方が良さそうです。

看護師さんと内科勤務のメリット、デメリット

看護師さんが内科に勤務するメリット、デメリットを簡単にご紹介いたします。

まずはメリットからです。看護師さんが内科で働くメリットというと、生活習慣病などを抱える患者さんや高齢者患者をケアする事が多いので、自然とご家族と会話する機会も増え、知識や技術だけではなく、コミュニケーション能力も上がってきます。

また、患者さんがこぼした一言や目線から、病気の状態を見抜く力も増えるようです。患者さんと近い距離で看護を行う内科のケースでは、上記にもあるように、慢性的な病気を抱える患者さんや、高齢者の方が多いため、スキルだけではなく、看護師としての総合力を求められます。内科だからこそ味わえる充実感や、成長感が内科勤務のメリットだといえるでしょう。

ではデメリットが何かというと、スキルアップに不安を感じること、というのもそのひとつです。

外科には手術や処置があるため、技術力を磨くのに向いているといえますが、内科は処置の回数が外科と比較するとぐっと減ってしまいます。外科から来た看護師は、再び外科に戻る事ができるか心配だ、などと話される方もいるようです。

また、外科の場合はオペをする事で治療の成果を迅速に感じられると思いますが、内科は治療に掛かる期間が長く、効果を感じられるのはゆっくりとした速度です。そのために、遣り甲斐を感じる事が難しい、という看護師さんもいました。

中でも若い看護師さんなどは、外科で勤務する同期の看護師さんと自分を比べてがっかりする人もいるようですが、ベテラン看護師になればなるほど内科業務の奥深さ、そして充実感に目覚めるようです。

内科だからこそ勉強できる経験や技術力を考えながら勤務ずることによって、遣り甲斐を見つけていってくださいね。

ところで、これらはデメリットというものではありませんが、転職する際に覚えておきたいこともあります。内科で働くことは、外科と比較して難しくないと思われがちですが、そんなことはありません。

内科は小まめな処置や点滴を行ったり、尿量のコントロールやチェックなど、介護と似ている業務も多いため、医療施設によっては外科と比較すると圧倒的に残業が多いということもあるようです。

また内科とまとめていますが、循環器なのか呼吸器なのか、消化器なのか脳神経なのか、それとも血液なのか…様々な専門内科が存在します。

科目によって業務内容や勤務スタイル、患者さんの個性も違いますので、内科に転勤したい看護師さんは、それぞれの科目をしっかりと確認してから選んで下さい。勿論、大病院勤務なのか、クリニック勤務なのか、それによっても業務内容には差が出ます。

自分にはどの内科勤務があっているのか迷ったときには、転職サイトがオススメです。プロのコンサルタントが、その人にあった内科勤務をアドバイスしてくれたり、医療施設を案内してくれるでしょう。

患者さんやご家族の心に寄り添い、じっくりとした看護をしたい方は、内科への転職を考えてみて下さいね。

訪問看護師業務のメリット、デメリット

訪問看護師をされている方が担当している患者さんは、1人につき15人程度が平均的だといわれています。訪問看護師さんたちは1日の中では4件から5件の患者さんのお宅や施設に足を運ぶようです。訪問看護師をする上でのメリットとデメリットを紹介していきます。

まずはメリットです。訪問看護師が感じられるメリットというと、やはり遣り甲斐が一番に挙げられるでしょうか。

患者さんやご家族と深く関る事は大変なことでもありますが、それを乗り越えた先には絆が生まれ、充実感を覚える事ができる、と現場で働く訪問看護師さんから聞いた事があります。

また、夜勤がなく、土日が休日のステーションも多いようです。他の看護師さんと比較して、報酬が高いというのも魅力でしょう。

他にも色々な経験を積む事ができるのでスキルアップ(認定資格を目標に)できるということや、これからニーズが増えていくといわれる訪問看護を行う事でキャリアアップが望める、ということもあります。

今まで病棟などで昼も夜も関係なく頑張ってきた人で、少し落ち着いて仕事をしたいという方などは、休日が取れて日勤のみという訪問看護という働き方はとてもお勧めできる転職先です。

次にデメリットについてですが、訪問看護ステーション勤務の看護師の方からよく耳にすることの多いデメリットは、夜間や休日のオンコールがきつい、ということでした。

オンコールが辛いという話は、24時間対応のステーション勤務の看護師さんからも、「夜間のオンコール」という話を聞いています。解消法とまでは行きませんが、オンコール体制に関しては、転職前に希望の勤務先の体制がどうなっているのか、しっかりと確認しておくことで回避できそうです。

また、訪問看護先の患者さんやご家族と関係を作っていく事が難しい、ということを挙げる看護師さんも多いです。ご自宅にお伺いして看護を行う仕事ですから、コミュニケーション能力が試される仕事でもあります。

以前の看護師さんと比べられて、悔しい気持ちになる看護師さんもいるようです。ですが患者さんからのクレームは最初の頃は仕方がないと割り切ることも大事になります。始めは誰だって未経験者です。

思いつめるほど悩む必要はないでしょう。患者さんの心に寄り添った看護を継続できていれば、きっといつか絆は生まれます。

そのほかのデメリットですが、事務作業がきつい、といった看護師さんもいらっしゃいました。訪問看護という業種は看護記録や仕事の管理などはパソコン作業となるため、覚えるまではなかなか厳しいというケースもあるかもしれません。

訪問看護は経験を積んだ看護師でないと無理、という話を聞く事がありますが、そんなことはありません。訪問看護分野というのは、これからますます必要とされる分野です。ですが現在はまだ看護師不足が否めません。

そのため研修や受け入れ態勢がしっかりしているステーションも増加しつつあり、若い看護師さんが訪問看護師として活躍するケースも珍しくなくなってきました。休日をしっかり取れるステーションも多いですし、看護師のキャリアアップを考えた上でも、在宅医療や地域医療関ることはとてもよいことだと思います。

訪問看護師への転職を考えた際は、ステーションの看護師の数や勤務スタイル、オンコール体勢や、大体の訪問回数などをしっかりと確認する事が大切です。

↑ PAGE TOP